かねや別館

壱岐の海の幸

壱岐近海は黒潮と親潮の合流地点であり、潮の流れも複雑なため、様々な魚が育つ豊かな海域です。豊かな海に囲まれた壱岐市では、漁業や磯釣りがとても盛んで、イカやうに、まぐろなどの海の幸が豊富に獲れます。この海産物は、宿や旅館で会席料理などに使われることが多いです。そんな宿や旅館で使われる壱岐市の主な海産物についてご紹介いたします。

うに

壱岐の海鮮料理には欠かせないのがうにです。本州中部から九州にかけてみられる紫色をしたムラサキウニが主に収穫されていて、生ではもちろんのこと、粒うにや練りうににも加工されています。現在では一年中食べられますが、ムラサキウニは6月から7月が旬とされています。またグルメの間で人気なアカウニなども収穫されています。

イカ

豊かな海域に恵まれた壱岐近海では一年中イカが水揚げされています。時期によってそれぞれ違うイカが水揚げされていて、4月~8月が剣先イカ、9月から 11月が水イカ、11月~3月にはするめイカが水揚げされ、違った味が楽しめます。剣先イカには「壱岐剣」と呼ばれる最高級剣先イカもあり、壱岐でしか味わえないもののひとつです。

マグロ

冬場にはブリやマグロなどの漁が盛んで、特にマグロは大間と並ぶ産地としても有名です。このマグロ漁では網を使わず、竿一本で釣り上げる一本釣りが主流です。一本釣りをすることでマグロが暴れ、体温が上がる「身焼け」を防ぎ、鮮度の高いマグロを捕獲することができます。

モズク

主に春先に採れるモズクは、細く、食感がよく、舌触りも抜群に良いです。食物繊維やミネラルも豊富で、お酢などでよく食べられています。塩漬けにして保管されるため、食べる時は塩抜きが必要です。

アワビ

11月~5月頃に旬を迎えるアワビは、コリコリとした歯ごたえが特徴です。高級食材としてもよく知られており、お刺身や酒蒸し、ステーキなどで食べられています。

さざえ

玄界灘の荒波に揉まれたさざえはコリコリとした歯ごたえと磯の香りがよく、お刺身やつぼ焼き、フライや天ぷら、煮付けや炊き込みご飯など色々な料理で食べられています。

かめの手

かめの手は岩礁海岸などに固着している甲殻類です。大きさは約3~4センチ程度のもので、塩茹にして酒のつまみや、ウニ飯のだし汁としても使われています。

みな

みなは、浅瀬でとれる小さな巻貝です。磯の香りがよく、塩茹にして食べます。ビールのつまみとして好んで食べられています。

かに

ワタリガニは、湾内の砂底や砂泥底に生息しています。塩茹でや鍋物としても絶品です。

かじめ

一般的に味噌汁に入れて食べられています。ヌルヌルとした食感は食欲をそそります。壱岐のかじめは2種類あり、味噌汁に入れると茶色になるものと緑色になるものがあります。

めかぶ

めかぶは、お吸い物やスープに入ることもありますが、刻んで醤油などで味付けをし、ご飯のお供としても食べられています。ヌルヌルとした食感で、食物繊維も豊富です。

もだま(さめ)

主に西日本で食べられているもだまは、ドチザメ科のホシザメという魚です。旬は秋から春ですが、夏でも美味しくいただけます。湯引きにして酢味噌やポン酢で食べられていますが、加工品にしても美味しく、干物や唐揚げ、フライにして食べられています。

壱岐牛

海産物ではありませんが、壱岐牛は神戸や松坂牛などの元牛として出荷される良質な牛です。黒毛和種の高級牛肉は、ステーキや焼肉も美味しく、ハンバーグやソーセージも人気です。

当館では、壱岐島などで獲れた海産物、特産品を使ったお食事をご用意しております。うにやアワビ、サザエなど新鮮な海産物をふんだんに使用した会席、コース料理や、壱州牛のステーキや伊勢海老、島の郷土料理「あらだき」などもお楽しみいただけます。壱岐市の海産物を使った料理が楽しめる宿、旅館をお探しでしたらぜひ、当館をご利用下さい。

みなさまのご来島を心よりお待ちしております

ご予約ページへ